ミカズワールド

ma shanti mikaのブログです。 気のむいた時に、その時考えている日常的なこと、大好きな音楽のこと、等々を更新していってます。 相互リンク、ブロとも、コメント、拍手…歓迎いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

DEREK AND THE DOMINOS 「Layla & Other Assorted Love Songs」

~歴史的名盤~

として、とても有名ですよね。

もちろん、

ワタシも好きなんです。

Layla & Other Assorted Love Songs





ヤードバーズでのプレイが認められ、
注目されるようになった


エリック・クラプトン(Eric Clapton)さんは、

メンバーとの音楽的相違から、1965年にヤードバーズを去ります。

(クラプトンさんの後に入られたのが、ジミー・ペイジさんです。)


その後、

ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズに参加。
(このトキのアルバムもいいですよ!)

ジョン・メイオール時代に、エリック・クラプトンさんは、

レスポールとマーシャルアンプの組み合わせを確立なさいます。

ロンドンの街中に、

「CLAPTON IS GOD」

の落書きが…。


そして、

クリームを結成したんですね。
(このトキのアルバムの、一枚は以前紹介しましたね。)

クリームも自然消滅のような形で解散をした後、


ブラインド・フェイスを結成。

一枚のアルバムを残して解散。


解散後、アメリカに渡ったクラプトンさんが、

アメリカ南部のミュージシャンの方々と結成したのが、

デレク・アンド・ザ・ドミノス

です。

デュアン・オールマン(Duane Allman)さん
(オールマン・ブラザーズ・バンド)

をゲストに迎えて、

1970年に発売されたのが、このアルバム……

皆様ご存知の

「LAYLA」(13曲目)

が収録されているわけなのですが、

ワタシは、やはり
11曲目の

「Little Wing」

が一番好きなんですね。

もちろん他の曲も好きですが…。

なぜかと申しますと…、
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

この曲は、

ジミヘン(Jimi Hendrix)

の曲なんですね。


ジミヘンの演奏を見たトキに、
ギターをヤメようと思ったこともある
クラプトンさんの演奏する

「Little Wing」


…ステキですよ。

あと、このアルバムは

デュアンさんのスライドギターも

素晴らしいですよ。

残念ながら、
二枚目のアルバムを製作しているトキに、

クラプトンさんと、
ドラムのゴードン(Jim Gordon)さんがケンカをして、
製作は中止に…。

そして、解散。

その後のクラプトンさんのコトは有名ですが、

ベースのレイドル(Carl Radle)さんは、

1980年にアルコールとドラッグ中毒のため、37歳で死去。

ゴードンさんは、
統合失調症を患い、

1983年に母親を殺害し、
精神病院に収かん。

(母の日にすみません。)


キーボードのボビー(Bobby Whitlock)さんは、ご健在のようです。



因みに

「LAYLA」……

名曲なんですけどね、
こんな歌を歌われたら……

クラプトンさん……

ミュージシャンとしては好きなんですけどね、
カッコいいですけどね……

でも、
一人の男性としては、

好きなタイプではないのです。

と言いつつ、見に行きましたが。



スポンサーサイト
  1. 2012/05/13(日) 13:04:40|
  2. オススメのCD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<TERRA NOVA 「LIVIN' IT UP」 | ホーム | お知らせ!>>

コメント

Re:燃える朝やけ様

燃える朝やけさん、コメントをありがとうございます。


パティさんと離婚…ワタシは、

隠し子の件

かと思っています。

長~い間、イタリア人女性(確か)との間に出来た女の子の存在を隠していたんですね。

(よくそんなに長い間バレなかったですよね。)


ジョージさんとクラプトンさんの仲は、
ワタシには理解できないトコロがあります。


「レイラ」は、需要があるのか、
クラプトンさんがソロになってからも歌われているので、

デレク~
でやったのが先
とご存知ない方もいらっしゃるのかもしれません。

(日本公演でも歌っていらっしゃいました。)


優秀なギタリストというのは判断が難しいというか…。

もちろん聴き手側の
価値の持っていくトコロにもよるし…。

速弾きに価値を求める方もいらっしゃるでしょうし…、

セッションに対応できるかに価値を求める方もいらっしゃるでしょうし…、
(最近の若いミュージシャンは弱いと言われています。)

その方の作り上げるメロディやフレーズに価値を求める方もいらっしゃるでしょうし……

色々ですよね。


クラプトンさんは、

スローハンド

と呼ばれるぐらい手の動きが遅く見えたらしいですが、

実は遅く見えるだけで、本当は細かく音が刻まれている…そんな奏法です。

(ごめんなさい。説明が下手ですね。)

どうしても、派手なプレーに目がいってしまいますが、そのようなプレーも評価されても良いのでは?
と思います。

  1. 2012/05/19(土) 07:07:31 |
  2. URL |
  3. ミカ #-
  4. [ 編集 ]

ジョージ・ハリスン好きとしては、これは本気で涙目

なんですが、結局クラプトンも「Layla」ことパティと
別れちゃうんだから(確かクラプトンのドラッグ癖に
パティがついていけなくなったんでしたっけ?)
わかんないもんですよね。
ジョージとクラプトンは愛人を共有してたらしいし、
ロックスターの常識は常人の常識を逸している(苦笑)

デュアンさんの甥でしたっけ、いまデレク・トラックスが
現代の三大ギタリストって言われていますよね、
他の二人を大きく引き離して腕前が凄い、天才だって。
デレクの方もまだ聴けていない(というか、メイヤーだって聴けていない)のであれですが、
デレクを聴く予習として、そしてクラプトン本格入門として
本作を聴いてみるのも良さそうですね。
アメリカ南部の音楽の初体験としても。
「Layla」は、ハンカチでもがっつりくわえて
舌噛みきらないように対処するとして(笑)
  1. 2012/05/19(土) 02:08:41 |
  2. URL |
  3. 燃える朝やけ #-
  4. [ 編集 ]

Re:Bergamot様

Bergamotさん、こちらこそありがとうございます。

ブログはバラエティーに富んでいらっしゃるけど、

HR/HMがお好きなのですね。


デュアンさんはステキですよね。

ワタシは、
オールマンブラザーズバンドも見に行ったコトがあるのですが、

残念ながら、
デュアンさんは亡くなられているわけではないですか…。

見て見たかったです。

リアルタイムではないので、
仕方ないですね。
  1. 2012/05/14(月) 13:04:59 |
  2. URL |
  3. ミカ #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございました。

DEREK & THE DOMINOS名盤中の名盤!!
・・・っていうか、唯一のオリジナルアルバムですからね。
たまにHR/HMから離れて聴いたりしてます。

「BELL BOTTOM BLUES」「LITTLE WING」を
リピートしまくって聴いたあとの「LAYLA」が好きです。
究極の不倫ソングだと知ったのは、ずいぶん大人になってからですが、
デュアンのスライド・ギターのリフに痺れちゃうわけです(笑)
  1. 2012/05/14(月) 11:56:17 |
  2. URL |
  3. Bergamot #GTh2ANWE
  4. [ 編集 ]

Re:よっちゃん様

よっちゃんさん、コメントをありがとうございます。

エッそれってどんなのですか?

ワタシが思い浮かべるジャケットは、

上半身裸のジャケットなのですが、

他にもあるのですか?

ぜひ、教えてください!

知りたいです。
  1. 2012/05/14(月) 02:11:39 |
  2. URL |
  3. ミカ #-
  4. [ 編集 ]

懐かしい名前が!

ブラインド・フェイスの問題になったほうのジャケットのLPを持っています。(^^;
  1. 2012/05/14(月) 01:51:50 |
  2. URL |
  3. よっちゃん #LMs.iqQA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rani0615.blog.fc2.com/tb.php/133-fd30126d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。