ミカズワールド

ma shanti mikaのブログです。 気のむいた時に、その時考えている日常的なこと、大好きな音楽のこと、等々を更新していってます。 相互リンク、ブロとも、コメント、拍手…歓迎いたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名盤…FLEETWOOD MAC / ENGLISH ROSE

皆様の思い浮かべる

フリートウッド・マックとは
かなり違うと思いますが、

このアルバムは
ブルース・ロックのお好きな方にとっては

名盤ですよ~(*^_^*)




FLEETWOOD MAC

英吉利の薔薇 (イングリッシュ・ローズ)




(アナログ盤では1968年発売、2nd)



フリートウッド・マックは
1967年に
元ジョン・メイオール&ブルースブレーカーズ
のメンバーだった
3人が中心となって結成されたバンドなのですが、

70年代初めまでは
ブルース・ロックをしていました。

(多分、ポップな曲を思い浮かべる方が多いと思いますが)



初期のコロの
リーダー的存在だった

ピーター・グリーンさん……

素晴らしいギタリストです
(*^_^*)



サンタナさんがカヴァーなさった
ブラック・マジック・ウーマン……

有名にしたのはサンタナさんかもしれませんが、

作詞も作曲も
ピーター・グリーンさんです(*^_^*)



7曲目
゛BLACK MAGIC WOMAN゛
http://www.youtube.com/watch?v=BaPWQkdJ2nI&sns=em



(。≧∇≦。)ステキ~




スポンサーサイト
  1. 2013/03/28(木) 18:52:59|
  2. 今日聴いたCD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ぜひ読んでいただきたいので、よろしくお願いしますm(__)m | ホーム | GALNERYUS / Angel of Salvation>>

コメント

riamnさま

riamnさん
いつもありがとうございます
(*^_^*)

ステキですよネ
  1. 2013/04/02(火) 05:08:23 |
  2. URL |
  3. ミカ #vhtaK7/M
  4. [ 編集 ]

ペイジもピーター・グリーンから多大な影響を受けたのでしょうね。
このライヴ・ヴァージョンを聴いていると、ツェッペリンのライヴを思い出します。
即興演奏から生まれるダイナミズムの全てがここにある。そんな印象を受けます。
英国ロックの伝統はこのように継承されていくんですね。素晴らしいことだと思います。
  1. 2013/04/01(月) 21:14:26 |
  2. URL |
  3. riamn #XJt3Oby6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rani0615.blog.fc2.com/tb.php/300-b32ec6a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。